FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純白のプラチナブラック

0146a.jpg
2年振りにアクアルビーに入荷した
プラチナブラックの幼魚 7㎝(4月3日撮影)

毎年、2月、3月は、ブラックアロワナの幼魚の
採集シーズンである。
この幼魚の中に、何千匹か、何万匹かに1匹の
確率で、プラチナブラックが誕生する。
極めて数少ない希少なブラックアロワナである。
この為、輸出価格には、桁違いのプライスがつけられ、
VIP待遇で取り扱われている。
しかし、このプラチナブラックの本当の価値は、その希少性に
留まらず、成長後の美しさにあると思う。

0144a.jpg
なんと頭部が金色に輝いている。(4月3日撮影)

このプラチナブラックは、
突然変異種として生まれる為、その色合いは、
個体により、違いが見られるのも事実である。
大きくは、名前の通りメタリック調のプラチナ色のものと、
プラチナブラックと言っても、白いペンキをべっとり
塗ったような真っ白な色合いになるものに分けられる。
また、背中がグレーのまま終わってしまうB級グレードも存在する。
私の狙いは、プラチナブラックの最高峰、即ち、本物と
言われる全身純白のアロワナである。

0223a.jpg
入荷後、1週間程でどんどん白く変化してきている
8㎝(4月9日撮影)

0220a.jpg
水面に浮かべた赤虫に飛びつき、腹一杯捕食する。
(4月9日撮影)

このタイプは、小さい時から身体のラインや
背中の鱗、胸ビレに黒味が殆ど見られない。

成長に伴ない、真っ白な体色に変化していく様は
圧巻である。
まさに白龍と呼べるその姿には、見る者を釘付けにする
美しいオーラが溢れていると言える。




2年前に、やはりプラチナブラックの幼魚を手に入れ、
どのような幼魚が、理想の全身純白の成魚に育つか、
50㎝サイズまで店内で飼育をしてみたので、
その成長記録を紹介したい。(この個体は販売済み)

DSC_0010-1.jpg
10㎝サイズ、エラ蓋は、厚塗りの
べっとりとした白に、既に変わってきている。

BL03_20110411122759.jpg
25㎝ 若々しい白い魚体

DSC_0027-1.jpg
50㎝ 純白のプラチナブラックの完成

DSC_0028-1-a_20110411122817.jpg
ボリューム感、風格、身体から
オーラを放つ白い龍には、
圧倒的な存在感が感じられた。
スポンサーサイト
プロフィール

aquaaqua777

Author:aquaaqua777
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。