FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラチナ辣椒紅龍 サンバル

2012年3月 プラチナ辣椒紅龍が灼熱のカリマンタン島から空輸され
まだまだ肌寒い日本に到着しました。

2012-3-19-148a.jpg
箱を開け、元気な姿を現したプラチナ!

このプラチナ辣椒紅龍は、ティムール ユダ ファームで誕生しました。
ティムール ユダでは、自然に近い飼育環境の中、代々野生の血を受け継ぐ
辣椒紅龍のみを養殖しています。

2012-3-19-0422a.jpg
椰子の木の生い茂るティムール ユダ ファーム

このティムール ユダの前身は、1990年代初頭「台湾向け辣椒紅龍」の本拠地として
噂されていた「サンバル ジャヤバル サクティ」そのものです。
ここで繁殖されていた「サンバル」は、当時直接輸出されることなく「幻の辣椒紅龍」として
その名をはせていました。

2011年よりティムール レッドのスペシャルグレードとして、この由緒ある名称を復活
させることとなりました。
アクアルビーに入荷したプラチナは、この「サンバル」のプラチナです。

2012-3-19-0197a.jpg
現在17㎝に成長したプラチナ辣椒紅龍

このプラチナ サンバルの鱗の輝きには、思わず絶句してしまいます。
さらに、鱗をよく見ると一枚一枚が盛り上がっているかのような鱗の表面に立体感を感じます。
かつてこの類の鱗を有したアロワナが1匹だけいました。

それは「ミュータント」です。
世界に一匹だけ生まれ、1998年に輸入されたミュータントは成長とともに驚愕の発色を始めて
いきました。
   
プラチナのレッドというだけで貴重、そして希少であるのに、その上、発色に何かが起きたとすると・・・・
このプラチナ サンバルは、何かを持ってるような気がします。

2012-3-19-0194aa.jpg 
まるで周囲の水を照らすかのような輝きを発しながら、ブラック水槽の中を
元気に泳ぎ回るプラチナ辣椒紅龍 サンバル

2012-3-19-0189aa.jpg
鱗の縁には、ピンクの縁取りが見られます。
光の当たり方でゴールド、パールに輝くその姿は
オーラに包まれています。
スポンサーサイト
プロフィール

aquaaqua777

Author:aquaaqua777
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。