FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアで盛り上がりを見せるアロワナコンテスト!

原産国でのアジアアロワナの人気は、衰えを見せるばかりか、
大きな盛り上がりを見せ、活況を呈しています。

その大きな理由に、東アジアの経済成長が大きく影響しているようです。
中国をはじめ、タイ、ベトナムなどへのアジアアロワナの輸出は好調であり、
成功した事業者向けに、これらの国のエージェントは、高額な真っ赤な成魚を
仕入れにくるのだそうです。

一方、2008年よりインドネシアにおいて開催されるようになったアジアアロワナの
国際大会も、アロワナ人気の拡大に拍車をかけていることは言うまでもありません。
2013年の3月までの間に、このようなインターナショナルコンテストは9回開催されました。
そのアロワナコンテストのスケールは半端なものではなく、一部の大会は政府により
主催されたり、優勝賞品が車というハイレベルなコンテストなのです。

そして、なんと驚くべきことに、第1回から第9回までの全てのレッドアロワナのコンテストで、
ロビン氏率いるロビンアロワナファームは、グランドチャンピオン(総合優勝)の栄冠を手に
しているのです。

2013-6-8-001robin.jpg
第3回ボルネオ アロワナ インターナショナルコンテスト総合優勝(2013年3月) 


このコンテストの直前、2月にジャカルタのショールームでロビン氏は、真っ赤なアロワナ水槽を
覗き込みながら、「このアロワナとあのアロワナ、そしてボルネオ島のファームの方からも
コンテスト会場にアロワナを出品する予定です。」と私に言っていました。
「次も優勝?」と尋ねると、「いや、他の出品者もレベルを上げているから」と殊勝な返事が返ってきました。
しかし、結果は総合優勝!

5月にジャカルタで再び会った際、開口一番「Congratulation!」と声をかけると、はにかんだようにニコリとして、
コンテストの概要を説明してくれました。

2013-6-8-0625a.jpg
コンテストの運営方法を手振りを加えながら詳しく説明してくれたMr.ROBIN


・出品するアロワナを会場に持ち込むと、各アロワナには、番号のみが付けられ水槽に展示される。
・審査員は、各国から(今回は中国、シンガポール、マレーシア、インドネシア)から選ばれ、
 審査員にもアロワナの出品者は知らされていない。
・日本でも名の知られている多くのファームが参加している。
・入賞者のみが、その氏名を公表される。

このようにコンテストはフェアーに、厳正に行われいるとのこと。
優勝すればそのファームに対する海外からの引き合いも増えるため、皆真剣なのです。

このようなコンテストで9回連続して総合優勝を飾れるロビンアロワナファームとは、
まさに「チャンピオンのアロワナを輩出し続けるファーム」と言えるのでしょう。
  
2013-6-8-0383a.jpg
Mr.ROBINから、「今回のトロフィーを持って一緒に写真を撮ろう!」


2013-6-8-0194a.jpg
某国のエージェントが、自国のアロワナコンテスト用に要望していたレッドを、
ロビン氏がアクアルビーに譲ってくれました!(入荷!)


2013-6-8-0028a.jpg
強烈!まさに究極の絶品!25cm (入荷!)


2013-6-8-00491a.jpg
ボルネオ島のロビンアロワナファームにて(2013年5月撮影)


追伸)
5月にシンガポールで開催された観賞魚フェア「アクアラマ」の
アロワナコンテストでロビンアロワナファームのレッドアロワナが、
グランドチャンピオンに輝きました!


あまりのすごさに脱帽です。Mr.ROBIN!
スポンサーサイト
プロフィール

aquaaqua777

Author:aquaaqua777
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。