FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロワナと一緒に泳がす混泳魚の役割と効果

ARアジアアロワナ専門店・アクアルビーAR

アジアアロワナを飼育する場合に、水槽の中に
アロワナのみ一匹にしてしまうのではなく、他の魚を
一緒に泳がすことは、アロワナの餌食い(食欲)と
ストレスの解消に大きな効果がある。
注(ここでは、アジアアロワナの複数飼育の場合を除外する。)

マレーシアの熱帯魚ショップのアロワナ展示水槽には、
必ずアロワナと一緒に、レッドフィンバルブや、
パロットファイヤーなど、他の魚が入れられている。

数年前に現地の方に尋ねたことがある。
「なぜ、アロワナと一緒に他の魚を泳がせているんですか?」
すると、こんな答えが返ってきた。

「それは、アロワナを一匹だけにすると、淋しがるからね。
一緒に他の魚を泳がせると、アロワナがこれらの
魚を意識して活発に泳ぎ回り、
餌をよく食べてくれるんだよ。」

確かに、1匹のみで飼育されているアロワナの中に、
元気をなくし、ストレスを感じているような
しぐさを見せる個体がいる。
水槽の底でじっとしていたり、水槽の奥に
口先を押しつけて出てこなかったり、突然暴れ回ったり
することがある。

同居魚を一緒に泳がせることは、アロワナの精神状態を
安定させ、ストレスの発散(たまに追いかけ回すことも
あるが)に役立つことになる。

加えて、コオロギやワームを食べた際に、水槽内に
ちらばる白いカスをきれいに食べてくれる掃除屋さんの
役割も果たしてくれる。

あくまで、アジアアロワナを主役と考えた場合、
パロットファイヤーがとても適している。
餌を与えた時に、口が小さいためになかなか
口に入れることができず、つついている。
すると、食欲が落ちて、あまり餌を食べてくれない
アロワナでも、この様子を見て、ライバル意識を起こし
餌を奪い取って、食べてしまうという効果が狙える
ためである。

また、水槽内のコケをきれいに食べてくれるカラー
プロキロダスも同居させる魚として、人気がある。
アロワナとの相性もよく、華僑の人達の間では、
縁起の良い組み合わせと言われている。

その他、なかなか入荷しないが、レッドゲオファーガス
(ショート)やレッドフィンバルブなどもおすすめである。

DSC-2009-8-28_0020-a.jpg
過背金龍と一緒に泳ぐレッドフィンバルブ
(マレーシア)

DSC-2009-8-28_0108-1.jpg
尾のつけ根に赤が入った
かわいい紅白パロット

DSC-2009-8-28_0001-1.jpg
コケ取り名人 カラープロキロダス

最新情報へ戻る


アクアルビー
top-1.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aquaaqua777

Author:aquaaqua777
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。