FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神からの贈り物 プラチナ辣椒紅龍

2011年12月、ティムール ユダファームのMr.ウイリーから電話が入りました。
  
「Mr.Takahashi プラチナが生まれました! 画像を送ります。」

息を飲んでパソコンをクリック。
そこには、まさしく生まれたばかりのプラチナ辣椒紅龍が写っていました。

2012-2-17-p1 
6㎝サイズのプラチナ。生まれつきのこの鱗の輝き!
まさしく神がこの世に与えた奇跡!

2012-2-17-p2 
背中の鱗は金色に輝いています。
(飼育水はカプアス川の茶褐色の水)

早速、「来年2月に現地に向かいます。」と回答。


年が明け、15㎝サイズに成長したプラチナ辣椒紅龍に会いに
成田空港を出発。

2012-2-17-0003A.jpg
雨が降り、とても寒かった成田空港


インドネシアに到着すると一気に真夏に逆戻り、あまりの気温の差に
身体が悲鳴を上げているかのよう、汗がしたたり落ちます。


2012-2-17-0020A.jpg
天気予報と気温が示されたサインボード


翌日、ジャカルタからカリマンタン島に向かいます。

  
2012-2-17-0028A.jpg
日本とは打って変わって抜けるような青空が
広がるジャカルタの空港

2012-2-17-0048A.jpg
カリマンタン島上空。眼下に流れるのは
カプアス川。水の色は茶褐色。


日本から7時間、そしてインドネシアの国内線に乗り1時間半、
赤道直下のカリマンタン島にやっと到着。

遂にプラチナ紅龍とご対面。
これまでの旅の疲れも吹っ飛び、水槽に見入ります。
それは、まさに感動的なひと時でした。
この世のものとは思えない美しい輝きを放つアロワナが、
元気に泳いでいます。

「うわー、すごい!」
この一瞬で、仕入れの決断はなされていました。

2012-2-17-0094A.jpg
上から見ると頭部や背中は金色に輝き、圧巻!

2012-2-17-0186A.jpg
ノーマルの辣椒紅龍とのツーショット

2012-2-17-0195A.jpg 
仲間と元気に泳ぎ回るプラチナ紅龍
比べると別の生き物としか思えません。
(一方、ノーマルの辣椒紅龍も全身濃い小豆色。レベルの高い個体群です。)    

2012-2-17-0279A.jpg
まさにパーフェクトなプラチナ辣椒紅龍!

  
大変貴重なレッドアロワナのプラチナ個体。
この輝きは、水槽の色や強い光などで人工的に作られた
ものではなく、百万分の一の確率で生まれた神からの贈り物
(本物)なのです。

また、今回の出張のもう一つの大きな目的は、ワイルド血統の辣椒紅龍ティムールレッド、
そして、そのスペシャルグレードにあたるサンバルの原産地選別です。
こちらもレベルの高い子供たちが生まれたとの情報をもらっていました。

2012-2-17-0356a.jpg
反り返る鋭い口先、青光りする鱗、魅力的なサンバルの幼魚

2012-2-17-0158a.jpg
ティムールレッドの選別。うだる暑さの中、真剣な選別が続きます。

2012-2-17-0413aa.jpg
愛くるしいサンバルのショートボディー


            
プラチナ辣椒紅龍を筆頭に、これらの選り抜かれたハイレベルのアロワナ達が
3月上旬、飛行機に乗って日本にやって来ます。
ご期待ください!


2012-2-17-0312a.jpg
夕日に沈むティムール ユダファーム


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aquaaqua777

Author:aquaaqua777
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。